カテゴリから探す

ドメーヌ・ド・コッケレル

Domaine du Coquerel

ブランドロゴ

ドメーヌ・ド・コッケレル社は1937年に設立して最初はシードルを製造し、その後コッケレルの館を購入しました。ドメーヌ・ド・コッケレル社の拠点はリンゴの産地としても有名なノルマンディー、ブルターニュ、メーヌの境界にあります。会社はその後発展を遂げ、1971年にはASBACH&CO.グループの傘下に入り、急速に成長を遂げました。1980年にはASBACHグループの販売ネットワークを通じて輸出を始めました。りんごを豊富に入手でき、周辺にアクセスの良い立地だったことから会社はその後も発展しました。1992年にはギネスが会社の所有者となり、1996年にはジャン・フランソワ・マルタンがドメーヌ・ド・コッケレル社のオーナーとなり、現在では売上の半分が輸出で構成されています。