カテゴリから探す

シャトー・ラ・ネグリ

Chateau La Negly

ブランドロゴ

シャトー・ラ・ネグリは、ラングドックの中でも最高のワインが生まれる土地として知られるラ・クラープのトップ生産者です。オーナーのジャン・ポー・ロセは、南仏のトップ・エノログのクロード・グロと共に、質より量のテーブルワインの生産が主流だったこのエリアで、ラ・クラープの土地の可能性を見出し、それまでこのエリアでは誰もやっていなかった極めて高品質なワイン造りを行った先駆者です。
シャトー・ラ・ネグリは自家葡萄で造るワインの他に、セレクトヴァンと呼ぶプロジェクトがあります。これらはネグリがプロデュースするワインで、一般的なネゴシアンとは大きく異なり、単に葡萄やワインを購入するのではなく、ネグリのノウハウを活かして栽培、醸造、熟成まで一貫して指導し、最終的なボトリングはネグリの施設で行い、それぞれの生産者名でリリースしています。それぞれのドメーヌには所有者がいて、ワイン造りの指導はラングドックでNo.1と呼び声の高いエノロゴ、クロード・グロが行い、ジャン・ポー・ロセが販売・宣伝を担当しています。かつてテーブルワインが主流であったラングドックにおいて、高品質なワイン造りで成功を収めたネグリだからこそ出来る取り組みであり、小さなドメーヌのワインを素晴しい品質にすることで、ラングドックの活性化に大きく貢献しています。