カテゴリから探す

マノワール・アプルヴァル

MANOIR D’APREVAL

ブランドロゴ

1889年に創業し、今ではカルヴァドスとシードルを作る家族経営の生産者。1960年に50年〜70年かけて育んできた自家農園のりんごを原料にカルヴァドスの生産を本格化させました。
更には1997年よりシードルの生産を開始するなどりんごのお酒全般に強いこだわりを持って取り組む期待のブランドです。
現オーナーは、最初に事業を興した当主の孫娘にあたるアガテ・レタリー女史。彼女が就任した1998年にはカルヴァドスとシードルの生産に特化すべく、広大な農園のすべてをりんご栽培(一部洋ナシ)に切り替え、新たに1800本分のりんごの木を植樹。
大胆な変革を進める現在は、新たな取り組みもしっかりと定着し、更なる進化を遂げる過程の中にある現地でも注目の生産者です。