カテゴリから探す

ドゥ・ヴノージュ

de Venoge

ブランドロゴ

ドゥ・ヴノージュは1837年、スイス人アンリ・マルク・ドゥ・ヴノージュがシャンパーニュ地方エペルネに創設、翌1838年にシャンパーニュで初めてカラーラベルを導入したことで知られます。17世紀から一家が
姓として用いる「ドゥ・ヴノージュ」の名はスイス、レマン湖に流れ込むヴノージュ川に由来しています。
1998年からは、ボワゼル・シャノワーヌ・シャンパーニュ・グループ(Lanson-BBC)傘下のメゾンとして豊富なストックの維持が可能であることを優位性に、生産量を年間100万本以下に抑え、高品質なシャンパーニュを少量生産するというスタイルを頑なに守り続けています。
本拠を構えるエペルネ、シャンパーニュ大通り33番地には、オフィスの他、ビジターにシャンパーニュとタパスを提供するレセプションルームが開設されています。
ドゥ・ヴノージュのこだわり―― 一番搾り果汁ドゥ・ヴノージュは全てのキュヴェで、一番搾り果汁(テット・ド・キュヴェ)のみを使用しています。これは「シャンパーニュにはきめ細やかな質感と洗練されたクリアな味わいが重要」というメゾンの哲学に基づくこだわりです。
  

現在、商品はございません。