カテゴリから探す

リード ブラザーズ ディスティリング

Reid Brothers Distilling Limited

ブランドロゴ

ニュージーランド、マーティンボローの中心に位置するクラフト・ディスティラリーの「Reid+Reid](リード+リード)。2015年にスティウ・リードとクリス・リード兄弟によって設立。兄弟のミッションとして「世界基準」で「ユニーク」なニュージーランド原産のジンを造り、ネイティヴなボタニカルを使用し蒸留することでニュージーランド特有な自然の薫りを導き出し、クラシックなジンという一般的な認識に挑戦するジン造りに取り組んでいます。
このジンの特徴は13種類のボタニカルの中で3種類のNZ産ボタニカル「カワカワ」「ホロピト」そして「マヌカ」が使用されていることです。カワカワはマオリ・ハーブとして知られる薬草で胡椒のような辛みがありジンにスパイシーさとフローラルな風味をもたらします。ホロピトは白胡椒のような特徴をもっています。蜂蜜で知られているマヌカ・リーフは香り高くショウガのような熱さをもたらします。
200Lの銅製カスタムメイドのポットスチルを使用しジンは開発されています。リード兄弟の背景にはワイン造りがありジン造りにも影響を与えています。伝統的なワイン造りを行うアタランギのアシスタントワインメーカーとして活躍するクリスは「その土地から生まれる感性」をモノづくりのコンセプトとして自身の視野の中で根本となっています。リード+リード・ジンは最良のニュージーランド産ネイティヴ・ボタニカルが使用されています。