カテゴリから探す

ボデガス・ラ・シガレラ

Bodegas La cigarrera

ブランドロゴ

1758年にバルセロナ出身のジョセップ・コロン・ダルボがサンルーカル・デ・バラメダに設立。現在は正式な社名を「ボデガス・マリア・デル・ピラール・ガルシア・デ・ベラスコ・ペレス」といい、創立者から数えて9代目にあたる人の所有となっています。
「シガレラ」という名前は、通りでたばこを売っていた女性に由来したもので、マンサニージャのエチケットになっています。 現在も家族経営で、昔ながらの量り売りもしており、街の人々が空き瓶を持って買いに来ます。今では非常に珍しくなりましたが、貯蔵や瓶詰め作業も機械化に頼らず手作業中心で行っています。
1998年まではアルマセニスタとしてシェリーの貯蔵熟成のみを行っていましたが、輸出免許を取得し、「ラ・シガレラ」ブランドで日本の他、カナダ、ドイツ、デンマーク等へ輸出しています。