カテゴリから探す

セロス・パジョン

SELOSSE PAJON

ブランドロゴ

シャンパーニュにおける自家栽培醸造家(RM)の先導者であり、卓越した生産者でもあるジャック・セロスの甥っ子にあたる、ジェローム・セロスのRMです。エペルネ郊外(中心から南に5〜6km)にあるシャヴォー・クークールを本拠とし、ヴァレ・ド・ラ・マルヌのダムリー村、そしてコート・デ・ブランのアヴィズ等に計6haを所有しています。小さいながらも典型的なシャンパーニュ様式のカーヴで、シャンパーニュのもつ個性をそのまま活かした造りを行なっています。
1990年代、ジェロームはジャック・セロスで働いており、ぶどう栽培、ワイン醸造、熟成についてアンセルムから直接教わります。ビオロジーやビオディナミの栽培方法、木樽での醗酵、熟成など、アンセルムと共に、研究し試行錯誤を繰り返す日々でした。
2004年、代々続くぶどう栽培農家であった父のジャッキー・セロスが引退することを決め、ジェロームは後を継ぐ決心をします。同年、ジェロームはコリーヌ・パジョンと結婚しました。パジョン家もぶどう栽培農家で、セロス家の畑とパジョン家が所有している畑を合わせる形で、メゾン“セロス・パジョン”は始まりました。
偉大な叔父アンセルムから多くのことを学べたことは、ジェロームにとって大きな幸運でした。
ぶどう栽培において「量より質」であることを学び、シャンパーニュの品質はアッサンブラージュの技術やエルヴァージュの長さだけではなく、原料である「ぶどうの品質」が最も大事だということ、又そのためのきめ細やかな畑の管理方法など、多くの点で影響を受けました。
収穫前には必ずすべての区画のぶどうを実際に食し、それぞれのキャラクターを収穫前に把握することで、すでにアッサンブラージュの比率をこの段階でほぼ決定つけることを学びました。
醸造においてはその樽の使い方、何よりも樽醗酵中の豊かな香り、そして熟成の過程で刻々と変化する香りに関して、常に全ての樽をチェックし、その年特有の香りを把握することを学びました。
これまで大手メゾンによる企業化されたシャンパーニュ業界に反旗を翻し、革新的な手法で個性的なシャンパーニュを造り、RMの存在感を強烈にアピールしたアンセルム・セロス。ジェロームは彼から理念と技術を受け継ぎ、現在の飲み手環境にバランス良い形で最高のシャンパーニュを提供しています。エペルネ郊外(中心から南に5〜6km)にあるシャヴォー・クークールを本拠とし、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ各地、そしてコート・デ・ブランのアヴィズ等に計6haを所有しています。