カテゴリから探す

ラ・ストッパ

La Stoppa

ブランドロゴ

2010年のガンベロ・ロッソでその年の最高の栽培家に選出された「エレナ」。そして「ラ・ストッパ」で30年以上働いている醸造責任者が「ジュリオ」。沢山の醸造家が彼を慕っている。
ピノ・ネロで結果を出した「アルベルト・アングイッソラ」。ブルネッロの美人姉妹「フォンテレンツァ」。バルバレスコの「ルーカ・ロアーニャ」。コッリオの人気者「ダリオ・プリンチッチ」。フランスの造り手にも彼等のファンは多い。
1973年にエレナ家が買い取ってから「ラ・ストッパ」は一気に品質を向上させていく。
1991年、エレナもカンティーナで仕事を始め、1997年、母親から引き継ぎ、当主となった。今や、イタリア国内でも人気のカンティーナに成長した。
カンティーナ含め、58ha山1つが彼女の所有地。森、川、谷、牛の放牧地まで彼女の敷地内に存在する。その内20haが葡萄畑。
ピアツェンツァは歴史的に見ると貧困の地域。産業が無く、農業中心の非常に貧しい地域であった。70年代、他の地域で農業の効率化が進む。政府によって農薬が推奨され、各地で大型農業が始まった。しかし、この地域は貧しかったので大型の農業は根付かず、農薬さえも使用されることが少なかった。今ではイタリアで最も有機栽培の造り手が多い地域になっている。