8,640円以上お買い上げで送料無料 PICKUP 武蔵屋のメールマガジン申し込みはこちら!

カテゴリから探す

西酒造株式会社 (宝山)

Nishi Shuzo (Houzan)

ブランドロゴ

鎌倉時代初期、一人の琵琶法師がいました。名は、京都常楽院19代住職、宝山検校。住職は、源頼朝に命ぜられ、島津家の祖・島津忠久とともに祈祷僧として薩摩・吹上に足を踏み入れました。人々の幸せのためにさまざまな活動を行う検校の功績を讃え、忠久公は「中島常楽院」を建立します。
しかし、ある夜のこと、大地に叩きつけるような雷雨とともに竜巻が起こり空から大蛇が舞い降りたのです。すると検校は、吉事の兆しとされる琵琶を弾じ、懸命に祈祷を続けました。すると、大蛇は大龍となって、黒雲の中を泳ぐように逃げていったのです。もともと中島常楽院は大きな湖にあったのですが、天空も白み、夜が明けるころ、す〜っと水が引き、一帯は平地となりました。やがて、そこは田畑となり、人々に富をもたらしたと言われています。
そんな伝説として語り継がれる宝山検校が、「吉兆宝山」「白天宝山」「富乃宝山」など宝山シリーズの名前の由来になっているのです。