カテゴリから探す

ウィンズ・クナワラ・エステイト

Wynns Coonawarra Estate

ブランドロゴ

スコットランド人の開拓者、ジョン・リドックが南オーストラリア州クナワラの地に葡萄園を開いたのが1891年。その後、印象的な3つの切妻型の屋根を持つワイナリーを1896年に建設し、クナワラにおける最初のワイン生産者となりました。
1901年にジョン・リドックが亡くなった後、世界大戦による暗黒の時代を経て1951年にメルボルンでワイン販売業を営んでいたサミュエル・ウィン、デヴィット・ウィン親子がボルドーに似た気候とテラロッサと呼ばれる柔らかい石灰岩による赤土の土壌が素晴らしいフドウを育てることを知り、最高品質の赤ワインの生産を目指し、ジョン・リドックが創設した葡萄園とそのワイナリーを購入し、偉大なワイン造りを始めました。
彼らが自らの名前を冠した「ウィンズ クナワラ エステイト」はフォスターズの所有となった今もこの地区で最大最古の自社農園として知られクナワラテラロッサの地域のおよそ三分の一にあたる850ヘクタールを所有しています。
そして、その製品はクナワラ地区の「テラロッサ」で生産される最も典型的で高品質なワインとして、オーストラリア国内だけに留まらず、世界的にも高い評価を得ています。