カテゴリから探す

ディーキン・エステート

Deakin Estate

ブランドロゴ

ヴィクトリア州ミルジューラ近郊のレッドクリフスに1967年に設立されたディーキン・エステートは、当初葡萄栽培業としてビジネスをスタートさせました。その後畑を拡張し、現在は約330ヘクタールの自社畑を所有しています。
1980年から本格的なワイン製造を開始し、現在もディーキン・エステートブランドは葡萄へのこだわりを守り続け、自社畑にて独自の栽培基準に従って育てた葡萄のみを使用しています。また、ディーキン・エステートは葡萄栽培の最先端をいく様々な試みの旗手役としての役割も果たし、1998年には、「葡萄栽培とワイン造りにおけるオーストラリアワインの新しいスタンダートを確立した」として、その業績を高く評価され、「オーストラリア・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。
2002年には水資源に対する環境保護の取り組みが評価され、地元団体より「Save Water Award」を授与されました。
ディーキン・エステートとして自社ブランドを販売するようになった現在でも、国内の有名大手メーカー数社へバルクワイン(瓶詰めしないワイン)を供給しています。その品質への信頼の高さはディーキン・エステートが栽培する葡萄への評価の高さを物語っているものです。