カテゴリから探す

キャパドニック

Caperdonich

ブランドロゴ

現存しない幻の蒸留所、キャパドニック。1898年にスペイ川のほとりに開業されましたが、2011年に取り壊され、シングルモルトウイスキーだけが残りました。キャパドニック(Caperdonich)はゲール語で「秘密の泉(The Secret Well)」を意味します。かつて、秘密裏に愛を誓いあう恋人たちが密会をしていた場所とされ、言い伝えによると17世紀のある夜、時の権力者であったロシズ公爵がなんと愛する娘の恋人を殺めてしまった場所としても知られ、それが由来となり、ブランドの紋章には「短剣」が描かれています。
キャパドニックはとても小さな蒸留所として知られており、全盛期であってもピーティッド・ウイスキーと、ノンピーティッド・ウイスキーの2つのラインナップをスモールバッチで蒸留していました。周囲の蒸留所が次第に大きく拡張していった中でも、キャパドニック蒸留所はその小さな規模とウイスキー造りの信念を変えることなく、スモールバッチにてウイスキーをつくり続けました。
キャパドニック蒸留所の建物はもう存在しませんが、造り手のクラフトマンシップは今もウイスキーの中に息づいています。