カテゴリから探す

ノブ クリーク

Knob Creek

ブランドロゴ

禁酒法施行以前のバーボンが力強かった理由のひとつとして、1897年に制定された法律ボトルド・イン・ボンドがある。当時、水で薄めた粗悪品や混ぜ物をしたイミテーションが出回り、市場の混乱を招くとともに酒税という国家財政への影響が懸念され、定められたものだ。
1蒸溜所で1年のうちの1シーズンだけ蒸溜したものだけを樽詰めし、政府税官吏監督のもとで4年以上熟成、アルコール度数50%以上で瓶詰めする。この条件を満たした製品に限りボンデッド、またはボトルド・イン・ボンドと名乗ることができるというものだった。この品質保証により深遠で力強いリッチなバーボンが誕生していった。「ノブクリーク」はその当時の味わいを復刻したものである。