8,640円以上お買い上げで送料無料 PICKUP 武蔵屋のメールマガジン申し込みはこちら!

カテゴリから探す

グラン・アー・モー

GLANN AR MOR

ブランドロゴ

パリで会社員をしていたジャン・ドネイ氏が、ウスキー好き高じて脱サラし、ウイスキーを造るために建てたのがグラン・アー・モー蒸留所。「グラン・アー・モー」はブルターニュ語で「海辺」を意味し、小さな蒸留所が建てられた場でもあります。
大麦芽はスコットランドのアイ島から購入したもを、ウォッシュバックはシャラトンオーク製の特別注文のものを使用し、醗酵行ないます。蒸留器は1,500リットルのオニオンシェイプ型の銅製ポットスチルが2器。ウイキーはこの小さな蒸留で、ガス直火炊きで2回蒸留。時間は40〜50時間かけてゆっくりと行われます。(その間ジャン・ドネイ氏は食事も仮眠も蒸留器の前でするそうです。)ワームタブは屋外にあり、海風によりスピリッツが凝縮されます。熟成は「1日の中に四季がある」と言われるブルターニュの厳しい気候の中、海風が通る熟成庫で熟成されます。(残念ながら、グラン・アー・モー蒸留所は2015年8月閉鎖。現在アイラ島のガートブレック蒸留所でウイスキー蒸留準備中。)
3〜4年熟成されたウイスキー『ゴルノグ』ジム・マーレーの『ウイスキーバイブル 2016』で高い評価を得ています。3アイテムが、97点、95.5点、95点と95点以上を3回獲得しています。