カテゴリから探す

    ニーポート [Eto Carta] エト・カルタ 赤 2007

ニーポート [Eto Carta] エト・カルタ 赤 2007

wine

商品コード: 30746

アルコール度数: 13%

容量: 750ml

化粧箱:なし

限定品に付き、在庫完売いたしました。
販売価格 1,650円(税抜)
販売価格(税込): 1,815円 (税率:10%)
葡萄品種 トウリガフランカ種、トウリガナショナル種、ティンタロリス種、ティンタアマレラ種、ティンタバローサアザール種
樹齢 10〜40年
2007年は濃密でありながらエレガントな味わいを特徴とした見事なヴィンテージ。葡萄は手摘みされステンレスタンク内で10日から15日間発酵、全体の20%はフレンチオークの樽で残り80%はステンレスタンク内で12ヶ月間熟成され2009年4月に瓶詰めされた。
ニーポートの実力が確認することが出来るベーシックブランド。濃密だが滑らかで、正にブリリアントな赤ワインに仕上がっている。これがニーポートのベーシックラインとは!ラベル以上にワインそのものに驚かされる。
スタッフのオススメコメント

とびきりかわいく、とびきり美味しいポルトガル・ワインはいかがですか! ポルトガル・ワインをお飲みになって無い方、是非お試しください。

伝統のスタイルを守り続けるクオリティ重視のポートワインメーカー、ニーポート社

ニーポートは、1842年創業の歴史あるポートメーカー。現在の当主ディルク・ニーポートが5代目にあたり、今では数少ない家族経営のメーカーです。伝統の味わいを受け継ぐために、ポートワインでは最も重要な役割を担うマスターブレンダーのファミリーもニーポートとともに世代をつなぎます。何よりも品質を重視するため、生産量はポートワイン全体の僅か1%にも満たない小規模生産者です。
世界のワイン産地で多くを学んだディルクは、最高品質のワイン造りに挑戦しはじめました。その最初の取り組みが自社葡萄園の購入。それまで全ての葡萄を契約農家から購入していましたが、現在はドウロ地方で最良の葡萄産地といわれる「シマ・コルゴ」地区にキンタ・デ・ナポレス、キンタ・ド・カリルという2つの葡萄園を所有しています。その一部には、元々植えられていた樹齢80年を超える多様な品種の混植畑が今も残されているなどワインに最適な葡萄樹を選別し、葡萄の本来の持ち味を生かすことに全力が注がれています。
ニーポートは世界の輸出先各国向けにベーシックレンジのワインを専用ラベルで出荷しています。「エト・カルタ」のキュートなラベルはベルリン在住のドローイング作家、清水麻紀さん(写真)によるものです。可愛いネズミが干支にまつわる12の動物のもとをニーポートのワインを携えて旅に出る様子がコミカルに描かれています。
また、ワイン名の「カルタ」はポルトガル語をルーツとする言葉。日本とポルトガルのコラボレーションによってうまれた「エト・カルタ」をどうぞお楽しみ下さい!
ニーポート [Eto Carta] エト・カルタ 赤 2007
ユーザーレビュー