カテゴリから探す

    オクトモア 10年 サード・エディション
  • 予約受付
  • 化粧箱入り
  • 限定商品

オクトモア 10年 サード・エディション

Octomore Ten Third Edition
ブランド : オクトモア 

商品コード: 21906

アルコール度数: 56.8%

容量: 700ml

化粧箱:あり

熟成年数:10年

輸入元:レミーコアントロージャパン株式会社

販売価格(税込): 19,656円
残り 10
注文数:
出荷開始 : 2019年 9月 4日(水)予定
10年熟成の「オクトモア10年」は、今回が3度目のリリースとなり、またこのオクトモアは過去のエディションへのトリビュートでもあります。過去のリリースである06.2と07.4と同じ原酒を使用しており、原酒はバーボンやコニャック、ポート、またはヴァージンオークという様々な樽で年月を過ごした後、さらに数年の熟成期間を経て、それぞれに変貌を遂げた原酒がひとつにまとめ上げられ単なる足し算以上の比類なきウイスキーへと仕上がりました。
蒸留 : 2007年に収穫した麦を2008年に蒸留、100%スコットランド産のオプティック種大麦を使用、フェノール値: 167ppm, ノン・チルフィルター、着色料無添加
熟成 : 全期間:ファーストフィル・ポート樽(37%)、ファーストフィル・コニャック樽(31%)、セカンドフィル・アメリカンウイスキー樽(20%)
ファーストフィル・アメリカンウイスキー樽3年、ヴァージーンオーク樽2年、 ファーストフィル・アメリカンウイスキー樽6年(12%)

☆テイスティングノート☆
香り : 豊潤さがあり、チョコレートやタバコ、焚火の煙、革のアロマ。ヴァニラカスタード、ブルーベリー、干し草、洋ナシのキャンディ。
味わい : あたたかくスパイシー。ホットワイン、革とタバコ、麦芽糖、アイシングシュガー。すべてが土っぽいピーティーな煙に包まれている。舌の上ではドライな印象。
フィニッシュ : オークが駆け抜け、ココナッツ、タバコ、ヴァニラ、それからスモーク。樽の中で過ごした時間がスモーキーさを穏やかにしている。フェノールも自然に和らげられ、オーク樽の影響をより素晴らしく感じることで、調和をもたらしている。
色 : 美しい黄褐色(トゥニー)

『オクトモア』って?

もし人がつくり得る最もヘビリー・ピーテッドな大麦を、ブルックラディの背の高く首の細いスティルで蒸留したら?
ポートシャーロットの上に位置するジェームス・ブラウンの農園から名付けられた、伝説的なオクトモア。発売以来、世界を嵐のごとく席巻したウイスキー。ノン・チルフィルターで着色料無添加。カスク・ストレングス。
オクトモア 10年 サード・エディション

WE BELIEVE TERROIR MATTERS. ―私たちはテロワールが重要だと信じている。

ブルックラディ蒸留所は、ヘブリディーズ諸島、アイラ島の西海岸沿いにあり、1881年に設立された当時のままの伝統的な蒸留設備と、革新的なウイスキーづくりが見事に融合した蒸留所です。
ブルックラディのウイスキーには蒸留所の信念が語られています。それは、ウイスキーは信頼性を持つべきだ、という考えです。どこで蒸留 され、どこで熟成されたのか。テロワールはそれがつくられた土地や原材料の大麦や水について語り、人の魂がスピリッツに命を与えるのだと信じています。
オクトモア 10年 サード・エディション
ユーザーレビュー