8,640円以上お買い上げで送料無料 PICKUP 武蔵屋のメールマガジン申し込みはこちら!

カテゴリから探す

    ハドソン マンハッタン・ライ

ハドソン マンハッタン・ライ

商品コード: 14434

アルコール度数: 46%

容量: 375ml

化粧箱:なし

販売価格(税込): 10,800円
限定品に付き、在庫完売いたしました。
375mlのハーフサイズなのに、この値段!?はじめてみた時、私はそう思いました。
正確には「バーボン」とは呼べない『アメリカン・ウイスキー』ですが、ニューヨーク州で造られているウイスキーです。原料のコーンもニューヨーク州産のを100%使用し、小さなアメリカンオークで熟成され、ほんのりと甘く、キャラメルやヴァニラのような味わいが感じられます。ウイスキーのボトリングが開始されたのが2005年からなので、バーボンの最低熟成年数である「4年以上熟成」にやっと達したボトルだと思われます。
“何か新しく、話題性のあるものを!”とお探しの方にオススメです。
限定入荷のため品切れの際はご容赦ください。

ニューヨーク・タイムス 2006年6月21日の記事より

1825年にはニューヨーク州には1000もの小さな蒸留所があったが、メジャーなウイスキーの台頭によって現在は13の蒸留所があるのみとなっている。
2001年にブライアン・リーとラルフ・エレンゾの二人がドイツのポットスチルを使い、ハドソン・バレーで収穫できるりんごを使ったウォッカと小麦を使ったウィスキーの製造を再開させました。
2002年に5万ドルを支払って、Aクラスのフルーツブランデー製造のライセンスを取得し35,000ガロンの新商品を造り上げました。
さらにライセンスを拡張し、ハドソンバレーで収穫できるりんご、ポテト、とうもろこしやブドウを使ったフルーツブランデーやウィスキーを製造し始め、2005年の夏に、初めてオーク樽で熟成されたウィスキーのボトリングを行いました。
http://www.nytimes.com/2006/06/21/dining/21distill.html

ユーザーレビュー